鹿の捕獲実例画像


オジカの画像


3mmワイヤーを使用して捕獲した鹿
法令の改正により、ワイヤーは4mm以上となりました。
現在はワイヤーの販売を中止しています。

必要以上にワイヤーの輪が小さくならないのが理想です。
( 独特の形状によって、狭くなる限度があります。 法改正前より自主対応していました。 )

捕獲した後に、手で緊縛した結び目を解くことができるのが理想です。

伝統的な狩ワナ技の妙技です。

獲物の皮膚は裂けていません。

狙撃部の他には外傷のない理想状態です。

このような伝統ある狩ワナ技が伝承されている地域は少なくなりました。


許可捕獲(有害駆除・個体数調整)の場合、多くの市町村では規制解除されています。

2007年4月 法改正

許可捕獲(有害駆除・個体数調整)の場合、多くの市町村では規制解除されています。


狩研究会


 
最初のページに戻る

2008-11-25
2005-1-5